柏原さんの日常

おるたなてぃぶな生活を

6/17、出演者紹介

柏原です。

今回は6/17の出演バンドの紹介をしたいと思います。紹介とかオススメのような「好きなものを他人に推し勧める」行為はオタクの得意分野でありまして、幾度となくこれを繰り返し、何回周囲から嫌悪されたことでしょうか。KEYT○LKが好きなキャピキャピ高校生にthe c○bsを勧め、「こんなの私の知ってる義勝じゃない!」と嫌がる相手を見て興奮するのが僕の性なのです。さあ君も一緒に絵画の海に溺れようや…なぁ…。

 

と言いましても今回出演のバンドは全組ナイスでグッドでクールなバンドです。今回は柏原が保証します。

 あくまで柏原の個人的な意見で紹介させていただくので……。

 

まず1組目

【Esto】

「青い約束」

 Esto - “青い約束” MV - YouTube

 

哀愁エモなギターロック。

僕はギターロックは真っ直ぐで王道感あるのが好きなのですが、Estoはこの少し重く渋い感じがたまらない…。ベースとリードギターのフレーズとかグッとくるのが多いし、哀愁漂いながらもガツンと力強いリズムで王道ギターロックであることを忘れていないからこそ僕の心を掴んで離さない……。

エモいバンドの歌詞って難解で独りよがりなときがしばしばあるなって思うんですけど、Estoの歌詞はそうじゃなくて、誰しも感じたことのある、日常に潜んでいる哀愁や焦燥をしっかり伝えてくれるから魅力的なのかなと。(夕方帰宅するときによく春愁EPリピートして激エモ感じてます笑)

サウンドも演奏もめちゃくちゃカッコよくまとまっていて、バンドやってる地元の高校生のあいだでも目指すところというか手本になっていると思います。

演奏してる姿もカッコイイ。特にBa.ヘルさんのベースの弾き方がぐう好きでして…笑

ヘルさんが前に「若い子たちに好かれるような感じじゃないでしょ笑」と言ってましたが、まっすぐがっちり(僕だけじゃなく)ティーンのハートを掴んでますよ!

渋く硬派でありながら人を惹き付ける楽曲と演奏力、そして17日はメロイックサインを掲げよう!笑

 

2組目は

【hiyorimi】

「明日、その坂を上ったら」

hiyorimi/明日、その坂を上ったら - YouTube

 

エモ、ポストロック、シューゲイザー、激情系といったジャンルの影響下にある静岡・浜松のバンド。静岡の騒弦というライブハウスで対バンさせてもらったのが出会いですが、対バンする以前に騒弦のオーナーの方に勧められて初めて知りました。最初にYouTubeでライブ映像見たときに、静岡にこんなバンドいたんだ!って衝撃を受けた思い出があります。僕にとって"激情"というとAnd Protectorを好んで聴いていたのですが、hiyorimiはそれこそシューゲイザー色も強くナードな面から激情を表現するバンドだなと。The RestaurantとEstoが日常的だとするなら、hiyorimiは文学的に"退廃の中の美しさや希望"を打ち出してくる感じがします。僕はそういったものが大好きですし、hiyorimiが僕の世界を覆ってるときの感覚がひたすら心地いいんです…。「明日、その坂を上ったら」が特に好きな曲で。イントロの疾走感、立て続けに吐き出されるAメロの哀しい物語のようなリリック、そしてクリアなアルペジオを経て聴き手の世界を覆うノイジーなギター、ラストにリフレインされる「ふたりで逃げよう」。このラストの「ふたりで逃げよう」ってフレーズ、ナードが好きじゃない訳ないじゃないですか笑

hiyorimiは僕が望んでいた激情系の1つなのかもしれません。そんなバンドを企画に呼べたのは凄く嬉しいことです。当日は「ふたりで逃げよう」、シンガロング必須で笑

 

3組目は

【The Restaurant】

「Summer」

The Restaurant - Summer 【Music Video】 - YouTube

 

この企画の常連で毎回誘ってるThe Restaurant。今回は新譜のミニアルバムを引っさげてレコ発ギグ!上のMVの「Summer」って曲、前作の深夜二時ep.にも収録されてたのですが、音がめちゃくちゃ良くなってる…!荒さがなくなってクリアで聴きやすく、僕の好きなサウンドに…!笑

音楽と人間性って切り離して聴くべきだという意見をよく耳にしますが、The Restaurantはメンバー方の人柄があってのものだと思っていて、真っ直ぐで誠実な人間性を通してThe Restaurantの音楽が好きになっていくし、音楽を通して人間性が好きになっていくんです。メンバーの方と僕で同じ音楽を好きだったりするのですが、レストランを聴くと、GRAPEVINESyrup16gACIDMANといった、あのゼロ年代の感動はちゃんとここで息をしているんだって感じます。僕は今17歳なので実際ゼロ年代を体感したことはありませんが、大きな憧れはあって、それをリアルに感じられるのがThe Restaurantなんだと思います。

確かにこのバンドはプロではないです。働きながら音楽を生み出す物凄くインディーズらしいインディーズバンドです。けれどそんな状況下でやってるからこそ見い出せる感動があって、心に響く曲があって、"暮らしの中で"僕らが忘れちゃいけないもの、大切にすべきものを伝えてくれるThe Restaurant。当日はグッドリリックをグッドメロディにのせてみんなで歌おう!笑

(それとFurther Platonicの芹澤さんがThe Restaurantについて書いたブログもぜひ見て欲しい…!)

http://www.furtherplatonix.net/2017/05/24/summerrestaurant/

 

どのバンドも僕の青春期をどこまでも青く染め上げてくれた、1人のリスナーとして大好きなバンドです。

 

そして、最後に僕のバンドを…ちょろっと笑

【Seagull】

「夏風、少女に溶けて」

Seagull on Twitter: "昨日のSeagull at 騒弦 Ba.花房くんはこの日卒業式だったのでもう二度とこの制服を着ることはないんです。…そう…ないんですよ…(激エモ) https://t.co/BsxK9fJJTa"

 

クソ下手な弾き語りをやってた僕(今もですが)はもともとバンドがやりたくて、でもなかなかうまくいかなくて。それでもなんとかメンバー集めて去年の夏からやり始めたのがこのSeagullでした。

ART-SCHOOLとかナンバガとかSyrup16gとかの影響下にあるのかな?(「夏風、少女に溶けて」なんかは完全にナンバガのフォロワーソングだけど笑)

絶賛ティーンの僕は表現のテーマとして「消失と焦燥と憧憬と」ってのを持っていって、大人になることの否定とまでは行かないけど"あどけなさ"を大切にしていこうって感じで曲を作ってます。

僕はメンバーが大好きだし、ここが自分らしくいられる場所なのかなと。

だからってわけじゃないけど17日は思いっきりライブをしたい。対バン豪華だけど気負わずにやりたい。

 

とにかく口で言ってもしょうがないので見に来て欲しいです。6/17(土)、16:30から三島スタジオO&Kで待ってます!ぜひ!

Teenage Holidays vol.6によせて

お久しぶりです。柏原です。

別れと出会いの季節も過ぎ、夏の気配も少しずつ見えてくる頃かと思います。

みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?

「〜〜でしょうか?」と訪ねたところで他人の近況なんてあまり興味無いですし、オタクとしては「早く自分語りしてぇ…」という気持ちでいっぱいなのです。

ということでさっさと本題に入ろうかと。

 

Twitterでも宣伝しましたが、今回も柏原企画こと「Teenage Holidays」を開催します。僕が受験を控えていて今回を期に当分企画はお休みになるので、今までの総括といいますか、ちょっとした区切りのライブになります。前回から約半年のスパンが空いてたみたいですが全然そんな感じしません。時間の流れは早いですね。

それでも今回で第6回目、結構やってきたなと。

最初は完全な高校生ライブとして始まり、以降社会人バンドも参加してきたこの企画も基本的には学生主体のライブでした。しかし今回は社会人バンドばかり。なので「Teenage Holidays」という企画名も変えて行おうかと思ったのですが、やっぱり「Teenage Holidays」という名前には思い入れがあり、名付けの理由でもある「学生が来やすく、楽しみやすいライブ」というコンセプトは変わらないのでこのままということになりました。

 

そんなこの企画なのですが、批判もされていたようでやめようと思うことも度々ありました。と言っても僕の不甲斐なさが原因ですし、僕自身嫌われたり批判されても当然な人間性をしてるので強く言い返せないのですが、それでも応援してくれる人やよく来てくれる人、良かったと言ってくれる人はいて、そういう人たちのお陰でやれてる企画だと思っています。

僕にとってこの企画は、地上から少し降りたところにあるスタジオは、一種の避難所、"シェルター"であると感じています。

家庭や学校、音楽のことで心が疲弊する毎日で、"優しさ"や"純粋さ"といったものが薄れていくのにひどく悲しくなることが多い僕にとって、この企画は優しくいられる、純粋な感情を持てる(気がしてるだけなのかも知れませんが…)場所なのかなと。

だからという訳だけではありませんが、やるからには来て下さる人の多くが純粋に楽しんでもらえるように頑張ります…!

 

フライヤーエモい感じになりました

 


f:id:kashiwa16:20170525080108j:image

 

僕が今まで出会った最高にエモいバンドを呼べたので、6/17ぜひ!(ちなみに僕はSeagullってバンドで出ます)

また出演バンドに関しては後日(勝手で申し訳ないですが)紹介をまとめさせていただこうかと…!

「いつかの淡い感情/儚い青春を取り戻せ/みんなのシェルター/ナード記念日」って感じで笑

はろ〜2017

あけましておめでたくないです。

僕はずっと2016年でいたい。

それでも来てしまったものは仕方ないので、「おめでとう」と思わなくちゃやってけないのです。エモいね。

 


f:id:kashiwa16:20170102005250j:image

 

とはいえ、昨年は多くの人にお世話になった(なりすぎた)ので心から''ありがとうございます''

 

そろそろ高3だよ。高校生活も終盤。

「学生時代なんて途方なく長く感じる」って誰かが言ってたけどそんなの嘘だった。大人になれば子供の時よりも時間の経過を早く感じる、というのはなんとなく分かるけどさ。

時間に追われ、残りの時間を数え、焦燥感に駆られてるのに惰性に身を置くこともしばしば。ここ最近はその''時間''に敏感になってきてる。僕はいわゆる進学校に通っていて、3年の夏に入る前には机とマブダチになっていなければならない。ドキドキワクワクの学畜エモ生活の始まり。助けてサッドマシーン。

遊んでいられるのも今のうちで、学畜エモ生活を抜け大学編へ行ったとしても、おそらく地元を離れてる。大好きな地元のバンドや友人との接点が薄くなる。

今更だけど青春らしいことをたくさんしたかった。(例︰夏の陽射しが照りつける坂道を女の子と駆け上がり、火照ったその子の頬に不覚にも心を踊らされる。など)

いやまだ高校生でいられるけどさ。現実はねぇ…(例︰8×4やいい香りのするハンドクリームを嗅ぎながらゲーム上の女の子にマジ恋する。など)

今までは「青春は今しかねえ!」って熱血を斜めから見てたけど、こうなってくると嫌でも共感してしまう。

結局自分がやりたいことは自分が張り切ってやんなきゃなんで頑張ります。

 

周りの人見てても、自分を省みても、何か一つの作品を作り上げるってことを目標にしたい。1番身近なのだとやっぱり音源。

結果どうなるにしろ、それを目標にして残りを駆けていければいいと思うしね!

 

それと1月、たくさんライブやらせていただけることになりました!

こんな感じ↓

 

1/5︰『This One』三島ゴリラハウス(Seagull)

1/15(日中)︰『New Age Riot』三島Via701(柏原独り)

1/15(夜)︰『新春アコ祭り!』沼津Quars(柏原独り)

1/22︰『Teenage Holidays(自主企画)』三島スタジオO&K 

1/28︰『The Restaurant企画』静岡騒弦(Seagull)

1/29︰詳細未定 (柏原独り)

 


f:id:kashiwa16:20170102004300j:image

 



f:id:kashiwa16:20170102004516j:image

 


f:id:kashiwa16:20170102004346j:image

 



f:id:kashiwa16:20170102004525j:image

 

こんなに決まってるのも誘ってくれる人とか出てくれる人とかお客さんとか、そういう人たちのおかげです。騒弦でやれると思って無かったし、高校生が多いライブにでれるの何気に嬉しい。

 

ギターも歌も大して上手くないうえに、作る曲も拙くて、周りの高校生にウケそうにもないけど、僕は自分が素敵だとおもう世界を曲で表現したい、それを出来れば聴いてほしいから、ちょっとずつでもね!

死ぬほどきてほしくなかった2017年によろしくおねがいします!

 

最後に1年が激エモになりそうな曲貼っておきますね

Syrup16g - 明日を落としても - YouTube

 

おるたなてぃぶな生活を

音楽の話すっぞ!

 

知っての通り僕はオルタナティブロックってジャンルが大好き

話が通じる人はいいとして、オルタナティブってなんやねん!ってなる人が多いと思う。そりゃそうだ。

しかし、好きと言っておきながらあまり詳しく説明できない。定義が曖昧で人によって捉え方が違う。下手に説明してオルタナ原理主義おじさんの怒りを買ったら最後、戦争である。あれだよ、同じキリスト教でも宗派が違うみたいな。

僕は割と広くオルタナを捉えてる、オルタナ穏便派、「理屈じゃねぇ!感じるんだよ!オルタナを!」ってところ。

 

てなわけで手早く(俺の中での)オルタナを知ってもらう、あわよくば沼に落ちてもらうためにも何バンドか紹介していこうと思う 。

 

❶ 【ART-SCHOOL

スカーレット/ART-SCHOOL

変わったのは誰かのせいにして

そして僕らは何かを間違ってしまった

 SCARLET (LIVE) - YouTube

 

あ〜好き好き〜😍💕

自分Seagullってバンドやってて曲作ってるんだけど、ART-SCHOOLめっちゃ意識して作ってる。

最初聴いたときはボーカル下手だな〜って印象が強かった。(聴いてるうちに慣れた) というかこのライブ映像はまだ良いが、最近になるとボーカルの木下理樹はお酒やタバコでより声が酷くなってるという始末だ。

しかしそれ以上に心をつかむのがめちゃくちゃシンプルなのに哀愁漂う楽曲とカットアップの多い歌詞(文学や映画などからの引用が多い)。このバンドの曲は前期と最近ではかなり変化してるがどの曲でも「木下理樹」という人間が見えてくる。(あくまで個人的に思うだけ) 経歴は調べられるくらいにしか知らない。でも曲を聴いた時何となく覆われる空気。孤独で乾いていて、時に衝動的になって。

言葉には表しにくいけど、曖昧だけど、確かに木下理樹って人間が僕の奥底に触れてきてるよ。

 

聴いてもらったほうが早い

あとこれも!

欺けるようになっていた

裏切れるようになっていた

繋いだ身体のぬくもりも

うまく思い出せやしないんだ

水の中のナイフ/ART-SCHOOL

Art-School - Mizu no naka no knife (knife in the water) - YouTube

 

❷【Syrup16g

生活/Syrup16g

君に存在価値はあるか

そしてその根拠とはなんだ

涙ながしてりゃ悲しいか

心なんて一生不安さ

Syrup16g 生活 - YouTube

 

俺の青春をいい意味でも悪い意味でも彩ってくれたSyrup16g。これまた癖のあるバンド。ボーカルの五十嵐隆はとんでもなくダメ人間だ。(ちなみに1回このバンドが解散したあと、五十嵐は半ばニート生活だったらしい)

それで持ってギターがあまり上手くないし、歌もそこまでってところ。音源だとまだ大丈夫?だが、ライブで原曲通りに演奏したところをみたことがないし、ギターソロがちゃんと弾けてるところもあまり見ない。

これに関してはギター弾く気ゼロ、是非見ていただきたい。普通に笑うw

落堕/Syrup16g

syrup16g 落堕 from BLACKSOUND - YouTube

 

いくらロックとは言え、流石に業界人としてまずい気がするのは僕だけだろうか…

まあ五十嵐は一旦置いておいて、Syrupのリズム隊は相当上手い。中畑さんは迫力のあるドラムを叩いて手数も多い。キタダさんのベースフレーズはメロディアスでありながらドラムと合わさってしっかり曲を支えている。やはりこのリズム隊がスリーピースの短所を埋めてると思う。

とまあこのままだと五十嵐隆マジでダメじゃん!ってことになるが結局はソングライター、作る曲で魅力をつかんでる。確かに明るい曲とは言えないが、ART-SCHOOLと同様に五十嵐隆という人間が曲に表れてる。ダメ人間ゆえのリアリティ。ただ闇を見せるだけじゃない、歌の中に気だるそうにしてる希望があった。「明日がない」って憂鬱じゃなく、「それでも明日が来る」っていう憂鬱。憂鬱であり希望。そんな感じだと思う。鬱系バンドの歌詞って抽象的だったり哲学的であったりと少し遠く思えることがちょくちょくあるが、Syrup16gは身近だ。スッと入ってきやすい。そんなわけでオススメをもう1曲、、、。

 

翌日/Syrup16g

急いで人混みに染まって

諦めない方が奇跡にもっと近づくように

喧騒も待ちぼうけの日々も

後ろ側でそっと見守ってる

明日に変わる意味を

Syrup16g/翌日 - YouTube

 

Syrupサウンドもいい!曲によるけどディレイとかモジュレーションかかったギターやベースが心にくるね。あとちょっとした言葉遊びもあって、おっ!ってなる。

 

 

 

とまあつらつらとあることないこと書いてきたけど、とりあえずこの辺にしとく。またちょっとづつ紹介していきたいし。

 

それと11/6に企画やりました。久々に自分がやってて楽しいライブだったかなって。確実に今後にとって重要な時だったとおもう。色々言葉にしたいことはあるけれど、長ったらしくなるのは野暮かなって思うんで一つ。

 

出演してくれたバンドの方たちも来てくれた人も見に行きたかったけどこれなかった人も感謝してます。ありがとうございました。またスタジオとかライブハウスで企画してくので早いうちに会いましょう!いえい!

もちろん、Seagullの方もよろしくです 



f:id:kashiwa16:20161109003436j:image


f:id:kashiwa16:20161109003459j:image


f:id:kashiwa16:20161109003416j:image

 

 

街の青を

初回から少しスパンが空いたけど書きます。音楽の話と、どうでもいい身の上話でも。あくまで自己満。

 

自分は地元でライブをやったりライブを見に行ったりしてる。 だからライブハウスとかスタジオとか楽器店とかにはよく顔を出すしそこで知り合った人も少なくない(初回で言ったとおりです)

プロと同じように大好きな地元バンドもたくさんいる。特に三島のThe Restaurantってバンドが好き。

HOLIDAY! RECORDSでもE.P売ってて、ちょうどSoundCloudにお気に入りの曲があがってるからぜひ聴いて!↓

The Restaurant / 深夜二時 by HOLIDAY! RECORDS | Free Listening on SoundCloudThe Restaurant / 深夜二時 by HOLIDAY! RECORDS | Free Listening on SoundCloud

 

荒いサウンド、シンプルな曲構成

「アジ○ンとかエルレ○ーデンとかその年代の影響バリバリ受けてるでしょ!」って感じ。このバンドのそういった真っ直ぐさが最高。(E.P.に入ってるアップテンポの「Summer」って曲は特に)

僕はその90年代後半〜00年代前半の邦ロック大好きマンだから、The Restaurantを嫌いなわけがない。実際この曲作って歌ってるBa.&Vo.の井手さんと話したときも、ART-SCHOOLGRAPEVINEを意識してられるようでした。

 

GRAPEVINEの影響もあるのか歌詞に引き付けられる。

1番目のAメロ

深夜二時をファミレスの灯りが照らす

眼に映るケチャップの赤が騒ぐ

 情景描写から入るのがとても良き!

ケチャップの赤が騒ぐ」って表現がいいよね。

こっからも映像的な描写が続き、

 

そしてサビで

光と闇が照らしたのは思いを持った街の青でした、見えるか?

どこかGRAPEVINEっぽい

最後「見えるか?」 そう問い掛けられたときにAメロ〜サビへと続いた情景描写が歌い手だけのものじゃないんだってことが分かる。

一気に聴き手のモノへと変わったり置き換えたりすることができる。それでいて光と闇が照らす「青」っていうのは、きっと人によって違うと思うし、何より「''街の''青」なんだ。

その「青」がどんな方向性でどれほどの大きさのものなのかは分からない。

でもそれはきっと街の中、身近な日常の中にあるものなんじゃないかな。

 

「近いからよく見失うけど、大切なことは確かにそばにある」

そんな感じの歌だと勝手に思ってる。

作者の本意とは違ったら凄い失礼なことでも、僕はそう感じてこの曲に救われてきた。

 

救われたって言うと重いけど、このバンドと曲にお世話になったことが多々ある。

 

こっからは身の上話というか最近思い返したことを。「てめぇそのツラでメンタルヘラってんな!きめぇ!」って方は飛ばしてくれい。

 

 

 

身近な人にしか言ってこなかったけど、今年父親が亡くなった。割と最近。

自分が中学の時に両親は離婚し、僕は母方に引き取られて静岡に残り、父親は東北の実家へ帰った。

(母親は父に酷い仕打ちや罵倒をするような面もあるから正直苦手で、現在もあまりよくはない関係が続いてるけど、養ってもらってる分何も言えないし、感謝してる面も小さくない)

父方の祖母は年取って田舎に一人暮らしでいるから何かと不便だろうし、父は父で静岡が好きではなかったうえに、病気も抱えていたので田舎の地元へ帰るってのはベストな選択だったと思う。

だからなのか、父の訃報を電話で告げられたときに泣くこともなくただ呆気にとられてた。祖母の家を訪問したときも、綺麗に置かれた仏壇と少し若い頃の父の遺影が現実味を帯びていなくて、悲しいことは悲しいけれど形のある実感はないままだった。

 

そして今日祖母に電話をしたとき父親が亡くなる直前の話を聞いてボロボロ泣いた。

悲しみとか後悔とかたくさん思うことがあって複雑で、表現能力に乏しい僕には何とも形容しがたいのだけれど、やっぱり身近にあったんだってそう確信した。気付くのは遅すぎたけど。

 

そんなことがあって丁度「深夜二時」を聴いてたから書こうと思い、今に至るんです。

 

自分は世間も知らない若干ゆとりのクソガキだ。だけどせめて今の日常を大切にしていけたらと思う。

街の青がはっきりと見えるように。

生きてる僕にとってやれることは、それしかないんじゃないかな?

頑張るぞい!

 

The Restaurantのもう1人のボーカルでリズムギターのゆうやさんの曲も大好きなんだ。

この曲も深夜二時と同じようにお世話になった曲。この曲もまたブログで書きたいなーなんてw

ライブ映像だけど是非見て!

2013年、冬

 

The Restaurant/2013年、12月、冬 - YouTubeThe Restaurant/2013年、12月、冬 - YouTube

 

それと最後にちゃっかり宣伝

来週11/6(日)に三島広小路駅すぐちかく三島スタジオO&Kでいつもの企画やります!

今回企画名改めて「Teenage Holidays」

学生がほとんどだけど、みんないいバンドとユニットでおすすめ!念願だったThe Restaurantも初対バンで、僕のやってるSeagullも結成2回目のライブ

スタジオライブだけど入場無料!

気軽にこれて気軽に楽しめるライブになればいいなと!音楽だけじゃなくて、このライブを通じて新しい交流が出来てくれは万々歳!

 

このこじんまりとしたライブも''街の青''になってくれればね

 

ぜひ!

三島スタジオO&K

柏原企画「Teenage Holidays」

Open:13:45/Start:14:00

 The Restaurant/Seagull/林檎ぷりん/あくまきらー

入場無料!


f:id:kashiwa16:20161031232522j:image

 

初回

ブログ始めました。

 

言ってしまえば"娯楽"の1つなのでしょう。でも思ってることを言葉にすることは大切で、あわよくば誰かの目に留まればいいなって欲求から始めました。

Twitterはやってるけれど、そこでの自分は作られたものだし、なにより140字の枠を設けられるのは少しだけ息苦しかったりする。

それに昔はスラスラいけたけど、最近考えとかを言葉に表すときに詰まることが多くなってきた。作詞してるのに。致命的。

なのでブログを書くことで多少文章書きになれていけたらいいなと。

なるべく続くように頑張ります。

 

書くと言ってもさて何を書こうか。

 

おそらくというか、確実に音楽の話題と自分のメンヘラ披露が中心なるだろうなぁ、キモイなぁ。数年後に羞恥心をズタボロにされてる姿が目に浮かぶ…

需要ない話しかないだろうけど、ブログなんてそんなものだと割り切ってる。

 

ひとまず今日(というか昨日)のことでも。

 

今日(昨日)は馴染みのお店でベースを手入れしてもらってから、音楽やって知り合った友人とお茶しながら喋ってました。

僕は学校で本当の友人がいない。学校は平和で、同級生と話してるとき一見仲良く見えるかもしれないけど、その間には明確な壁があって、話す度に疎外感を覚えるんです。

自分が変わればいいだけなんだけれど、深く関わる必要も無いと思って現状を変えようとしていない。そんな自分が嫌いでもあります。

だけど音楽を通じて出会った友人たちは仲良くしたいと素直に思える人たちでした。

お茶した友人もその1人です。

そういった人と話すことで気分も楽になれるし、その時間のために生きてる部分もあるのかなと思います。

楽しい時間でした。学校も頑張れそう。

 

あたりまえのことだけどw

それでも自分にとってはとても大切。

 

初回だからこんなもんかなあ。

次回からは趣味の話、エロゲとか音楽とか漫画とかの話でも。

 

おやすみなさい。